サーラグループについて

サーラグループは、株式会社サーラコーポレーションを持ち株会社として、都市ガス・LPガスなどエネルギー供給事業をはじめとした生活関連企業46社で構成し、暮らしとビジネスをサポートする6つの領域(セグメント)で事業を展開しています。

SALA(サーラ)の由来

グループ名に使われている「SALA(サーラ)」とは、「Space Art Living Amenity」の頭文字を使った造語で、“生活空間をより美しく快適に”というグループの想いが込められています。
エネルギー・住まいを中心にさまざまな事業を展開するグループのすべての事業において、お客さまに優れた品質のサービス、商品を提供するという信頼とクオリティの証、それが「SALA」です。
 

数字で見るサーラグループ

サーラグループは、グループ企業46社から成る連結売上高2,000億円規模の企業グループです。

グループの起源

1909 年創業

(明治42年)


都市ガス事業の豊橋瓦斯(株)が起源

グループの歴史:2019年で110年

グループ会社数

46 社


持株会社1社、連結子会社38社、

非連結子会社7社

従業員数

約 4,500 名

2020年12月現在

上場市場

東証1部
/名証1部


2002年4月30日上場

連結売上高

2,117 億円

2020年11月期

連結営業利益

59 億円

2020年11月期

売上高構成比

2020年11月期

サーラグループの事業

サーラグループは、エネルギー、エンジニアリング、ハウジングなど6つの事業領域において、お客さまの暮らしとビジネスを支える事業を展開しています。

サーラグループの拠点

愛知県東部、静岡県西部を中心に22都道府県に拠点を置き、地域密着で事業を展開しています。

地域のコミュニティ「サーラプラザ」の展開

東海地方を中心に体感型のショールーム「サーラプラザ」を展開しています。カルチャースクールやカフェなどお客さまが集い楽しめる地域のコミュニティ機能を有し、セミナーやイベントを通じて、暮らしに役立つ情報を発信しています。

コーポレートブランド広告

サーラグループの基本理念に基づくブランドメッセージやブランドイメージを動画で紹介します。

「くらしをSALAに」編(中京版・30秒)
「くらしをSALAに」編(静岡版・30秒)
「くらしをSALAに」編(中京版・15秒)
「くらしをSALAに」編(静岡版・15秒)

サーラグループの基本理念・目指す姿

基本理念

美しく快適な人間空間づくりを通し、
地域社会から信頼される企業グループとして、
豊かな社会の実現をめざします。

グループが目指す姿

「私のまちにSALA、暮らしとともにSALA」の実現に向けて

 

私たちは、お客さまの期待に応え、お客さまにとってうれしいサービスを提供し続けることで、毎日の暮らしの中にサーラが自然と溶け込んでいる状態、「私のまちにはサーラがある」の実現を目指します。

当社グループの第4次中期経営計画(2020年11月期から2022年11月期まで)では、以下の内容に取り組んでいます。

テーマ

テーマ:
「サーラ元年・これからの成長のスタート」

第4次グループ中期経営計画は、グループ110周年、エネルギー事業の統合により社名とブランドが一致し、これからSALAを前面に出して事業の展開を開始するサーラ元年と位置付けます。
グループ各社は、質を高める取り組みにこれまで以上に注力し、お客さまの信頼を得ていきます。お客さまのニーズに対して、各社、各人の力を結集できるように事業の枠組みを見直し、社員一人ひとりも意識と行動を変え、これからの成長のスタートをきります。

重点課題と主な施策

  • ライフクリエイティブ、エネルギーベース、つなぐの3事業ユニットという新たな枠組みで、SALAとしてお客さまと向き合い、お客さまのニーズに応え成長していていきます。
  • 商品・サービスと業務プロセスをより良くしていくことで、お客さまとのつながりを深め、信頼を築き、SALAを地域に広く浸透させていきます。
  • 大きな環境変化のなかでも持続的に成長していくためには、私たち自身も変わっていく必要がある。誰もが活躍できる人事制度の構築と、一人ひとりが自ら考え行動する風土をつくりあげていきます。